商品情報

デジタル電動サーボプレス
SDE GORIKI

SDE-2017
デジタル電動サーボプレス SDE GORIKI
SDE-1515
デジタル電動サーボプレス SDE GORIKI

「GORIKI」(ゴウリキ)は、その名のとおり「剛性(GO)を高めた、力強い(RIKI)サーボプレス」を意味する高剛性タイプのプレスマシンです。

 

特長

高剛性フレーム構造による縦剛性の強化

  • 前面フレームの上部を山型構造とし、またベッド前面板の切り欠きを減少した新たなソリッドコラムフレーム構造を採用。加圧時のフレームの伸びを抑え縦剛性を強化しました。従来機に比べてブレークスルー量が軽減されることで、高精度・高品質なモノづくりのサポートを実現します。
  • 高剛性フレーム構造による縦剛性の強化

高剛性ガイド構造による横剛性の強化

  • スライドギブの構造を、センターギブに、かつフルガイド構造にすることで、従来機よりも横剛性を強化。耐偏芯荷重特性を向上し、生産時の安定した加工精度を維持します。
  • 高剛性ガイド構造による横剛性の強化

スライドエリアの拡大

  • 高剛性構造に加え、スライドエリアを拡大することで、多工程金型を搭載可能とし、板鍛造・高張力鋼板などの高付加価値成形に対応し、幅広い加工ニーズにお応えします。
  • スライドエリアの拡大

多彩なモーションパターン

  • 数々の加工ノウハウをデータベース化することにより、加工種別ごとに最適なモーション選択が行えるようになり、サーボプレスの使いやすさを追求します。
  • 多彩なモーションパターン

 

仕様

  SDE-1515 SDE-2017
圧力能力(kN) 1500 2000
能力発生位置(mm) 4.3 5.3
サイドオープニング※1(mm) 580×280 650×305
無負荷連続ストローク数(min-1) ~95 ~75
ストローク長さ(mm) 150 175
ダイハイト(mm) 380 415
スライド調節量(mm) 100 110
スライド下面寸法(左右×前後)(mm) 950×580 1050×650
ボルスター寸法(左右×前後×厚さ)(mm) 1290×750×160 1420×850×180
作業面高さ※2(mm) 900 1000
主電動機(ACサーボ)連続定格(kW) 35 40
マシン寸法※2(幅×奥行き×高さ)(mm) 1900×1655×3295 2050×1850×3670

※1 サイドオープニングはボルスター上面高さからの寸法です。
※2 作業面高さ、マシン高さには、防振装置の高さを含んでおりません。

本仕様ならびに外観・装備は、改良等のため予告なく変更することがあります。
この商品は、日本国内向けです。

ページトップに戻る