商品情報

切粉自動圧縮機
SCP-100H/103H

SCP-100H
SCP-100H

 

特長

切粉自動圧縮機

  • 金属加工の現場から排出される切粉を圧縮固形化し、工場のクリーン化・資源の有効活用に貢献。同時に切削油も回収してリユースできます。ISO14001推進事業、環境会計にも大いに効果を発揮します。

減容率は1/5~1/50

  • 工場内の切粉置場の省スペース化を実現し、かつ切粉の運搬コストを低減します。

切削油の回収率は95%以上

  • 遠心分離方式に比べ回収率が大幅にアップしました。

オリジナルホッパー(特許)採用

  • オリジナルホッパー(特許)の採用でクラッシャーが不要になり、ブリッジ現象や切粉のホッパー壁面貼り付き現象も解消。多様な形状の切粉に対応します。

※ SCP-103HはSCP-100Hよりも能率向上のため、油圧ポンプの出力を高くしています。鋳物屑、バンドソー屑など足の短い屑なら、約1.5倍の能率。SCP-103Hは排出屑が多いお客さま向きです。(圧縮力、完成品に相違はありません。)

対応表
形状・材質 細かく分断された切粉 らせん状の切粉 長めの絡み合った切粉
細かく分断された切粉 らせん状の切粉 長めの絡み合った切粉
鉄・鋼
ステンレス ×
特殊鋼・耐熱鋼 ×
アルミ

 

仕様

  SCP-100H SCP-103H
圧縮能力(kN) 980 980
処理能力 (kg/時間) 80 120
ブリケット径(mm) φ80 φ80
圧縮面圧(MPa) 195 195
ホッパー容量(L) 100 100
油圧タンク容量(L) 150 300
モーター(kW) 油圧 5 7
縦スクリュー 0.75 0.75
横スクリュー 0.4 0.4
潤滑油 0.01 0.01
受電容量(kVA) 9 12
マシン寸法
(幅×奥行き×高さ)(mm)
920×2160×2048 994×2530×2332
マシン質量(kg) 1860 2200

※ 処理能力は、切粉の種類、状態によって異なります。

※ カール状のものは、状態によりクラッシャーが必要になります。

※ マシン高さには、シグナルタワーを含みます。

※ 下記のものはブリケット化できません。

  • 硬い切粉(HRC25以上のもの)
  • 極端なカール状の切粉
  • 自然発火のおそれがある材質(例:マグネシウム)
  • 機械的にスクリューやスリーブを破損するおそれがあるもの(例:ボルト、バイト、端材)
  • 未処理の医療廃棄物

本仕様ならびに外観・装備は、改良等のため予告なく変更することがあります。
この商品は、日本国内向けです。

ページトップに戻る