産業

モノづくり

こんなところに使われているイラスト編はこちら

生活に結びつくモノづくり

産業に結びつくモノづくり

生活に結びつくモノづくり

■建設

建設

建設・建築の構造物は、高層ビル・タワー・マンション・学校・工場・倉庫・橋梁など様々なものがあります。骨格となる多くの鉄鋼構造物は、ドリルマシン、バンドソーマシンなどで加工されています。

■自動車

自動車

日本を代表する産業であり、生活に欠かすことのできない自動車の製造には、多くの加工機が関連します。精密部品の加工には複合加工機が活躍します。

■航空機

航空機

最先端の技術が詰まった飛行機の部品加工にも複合加工機が欠かせません。部品強度などを考慮し、加工が難しい難削材が多く使われています。高い精度が求められるこの業界にも高精度加工ができる複合加工機が使われています。

■医療

医療

医療の現場でも、複合加工によるものづくりが多く見られます。人工骨などのインプラントには人体への影響が少ないチタンなどの難削材が使われています。加工の難しいこれらの素材を高精度で仕上げるために複合加工機が使われています。

産業に結びつくモノづくり

■鋼材

鋼材

私たちをとりまく産業の世界の「製品」になるには、さまざまな加工を施した多様な「部品」が必要です。鋼材が、最終的な部品に加工されるまでには、いくつもの加工工程を経ています。そのような部品になるには、大きな鋼材の塊からバンドソーや丸鋸を使って適切なサイズ・量を切り出すことから始まります。

■工具

工具

金属加工に使われる様々な工具。工具自体の精度がなければ加工を行うことができません。それらの工具を高精度に仕上げるためにプロファイル研削盤が用いられています。

■金型

金型

金属だけではなく、樹脂系部品においても様々な分野の大量生産において金型が欠かせません。金型を構成する部品は耐久性はもちろん非常に高い表面精度が求められます。これらをクリアするためプロファイル研削盤や成型研削盤が用いられています。

ページトップに戻る